イベント

【花火大会2015~神奈川】5月29日逗子花火大会ー関東の花火開幕!

更新日:

こんにちは!スターマインをこよなく愛するとおるです。

このところ、5月とはいえ「夏日」が続く関東地方ですが、

いよいよ神奈川・逗子から花火大会が始まります!

 

花火大会といえば、7~8月の週末をイメージしがちですが、

逗子花火大会は、紆余曲折を経て8月⇒6月⇒5月へと日程が

変わってきた大会です。

 

逗子花火大会の概要

2015hanabi_1

開催日程:2015年5月29日(金)19:30~20:15

     *荒天時は5月30日(土)

打上数:約7000発

打上場所:逗子海岸沖

観覧場所:逗子海岸一帯

交通手段:JR横須賀線逗子駅、京浜急行電鉄逗子線新逗子駅

     より徒歩10分

2014年の人出:約100000人

 

 [ad#nose-1]

 

逗子花火大会の特徴

 

この大会の大きな特徴は、45分で7000発とすごいハイペースで

打上げを行うこと。しかもグランドフィナーレという最後の15分で

6000発を集中砲火します。1分で400発(!)1秒で6発(!!)です。

 

もう1つの特徴は、打上場所が海上からということ。

 

[googlemaps https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m10!1m8!1m3!1d13026.190495767958!2d139.57436762049326!3d35.29237205098954!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1432605852814&w=600&h=450]
 
ご覧のように、逗子海岸は入り江のようになっていて、打上げ場所が海上であるため、
入り江を取り囲む至る所からも見ることができます。
 
ちなみに、海岸に繰り出す見物客の様子は、こんな感じです。
20130602214923c16
 
なんといっても10万人の人出ですから、明るいうちから場所取り合戦です。
海岸にシートを敷いて見るには、早くから出かける必要があります。
 
また、他の花火大会のように有料席はなく、すべて自力で場所を確保しなくてはなりません。
 
 [ad#nose-1]
 

逗子花火大会の観覧場所・穴場

比較的早い時間から短時間で打ち上げるこの花火大会。

それでは、どこで見ればいいでしょうか?

 

もちろん、平日ですから休みを取る必要がありますが、、、

どうせ、早く繰り出すのならという前提でいくつか紹介しますね。

ロケーションは↑のマップを拡大・縮小して確認して下さい。

 

1.披露山公園

小高い場所にあり、逗子海岸だけでなく江の島まで見える穴場スポットです。

低い位置で打ち上げられる花火は若干見づらいですが、上空で開く花火は問題なく楽しむことができます。

アクセス:逗子駅から鎌倉行きバスで「披露山入り口」下車。徒歩15分程度。

 

2.大崎公園

披露山公園と同じように小高い場所から見ることができます。

木が多い公園なので、明るいうちから打上げ場所が見えるか確認して場所を取りましょう。

 

3.小坪マリーナ

カップルにオススメの通称逗子マリーナです。ヨットが多く停泊しており、

地中海のヨットハーバーのような雰囲気です。逗子駅からバスになりますが、

花火見物で来る人は、そんなにいないでしょう。

 

4.海岸通り沿いのカフェ・ファミレス

まさに一発勝負の穴場です。混雑するのは必至ですが、窓際席が取れたら最高の場所です。

地図を拡大してみると、

ステーキガスト逗子店

夢庵逗子店

HAPPY GO LUCKY

カンティーナ逗子店

などなど、多くの店が点在しています。

ただ、みんな同じことを考えそうなので、少し離れた渚橋近辺の

レッドロブスター逗子店

なぎさ橋珈琲逗子店

が穴場かもしれません。いずれにしてもクイックアクションが必要です。

 

この逗子花火大会を皮切りに、関東では本格的な花火シーズンに突入します。

今後も引き続き、花火大会情報をお届けしていきますね!

アドセンス

アドセンス

-イベント,
-,

Copyright© Japan News Degital , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.