生活

【幼児の夏風邪】食事で予防しよう!

更新日:

こんにちは!もうすっかり夏になりましたね!

そんな夏ですが、蒸し暑い日中に比べて、

夜は割と涼しく、快適に過ごす事が出来ます。

また、エアコンをつけたりして、

快適に過ごしている方も多いのではないでしょうか?

しかーし!

ここに大きな落とし穴があり、

快適に過ごす=日中に比べて低い気温で過ごしている

ということです。

だって、日中レベルなら暑くて寝れないですよね。。。

 

 [ad#ebisu-1]
この気温差なども影響し、

夏は夏風邪を引いてしまう事が多いです。

そして、夏風邪は意外と治りにくい。。。

と言うのも、事実です^^;

 

また、夏風邪はウイルス性のものも多く、

その場合は、治りにくいだけでなく、

症状によっては入院をするほどのモノになる場合もあります。

特に、夏に有名なウイルスとしてエンテロウイルスと

アデノウイルスがあります。

エンテロは腸で、アデノは喉です!

 

夏風邪を引いた時にお腹が痛くなるのは、

エアコンでお腹が冷えたというよりも、

エンテロウイルスが活発に活動しているのが原因です。

 

 

アデノウイルスの方も、かなり強力な症状があり、

咽頭が炎症を起こし、腫れてしまう場合は、

食べ物を飲み込むだけで、痛みを発するようになるので、

日常生活に多大な支障をきたします。

 

 [ad#ebisu-1]

★夏風邪の予防方法★

夏風邪の予防方法のうち、

私が効果あり!と思っているものは、

「寝る時にマスクをつける」

これがかなり効果的です。

3-1050-0302

エアコンはどうしてもつけてしまいますし、

喉が痛くなってしまう事もあると思います。^^;

マスクを付けて寝ると全然違いますので、

ぜひやってみてください。

マスクにシュシュっと吹きかけて、

保湿を高めるスプレーと併用すると、尚Goodです!

 

喉が乾燥すると、喉にウイルスが繁殖しやすくなります。

その結果、咽頭炎などになってしまうので、

喉はしっかり潤しておきましょう!

 

新幹線、飛行機、ホテルなどを活用する方も、

マスクは付けておくと良いですよ^^

また、予防では無いですが、

熱が38.5度以上の場合は、

病院に行って点滴をしてもらったり、

薬をもらったりして、

少しでも改善するようにしてください。。。

夏は布団にくるまって寝ているだけでも、

体力を消耗してしまいますので。。。。

次に、日常で気を付けて欲しい予防のための行動!

それは、「タオルをこまめに変える!」

これがすごく大事。

夏のウイルスは高温多湿を好みます。

なので、タオルなどが使ったものを

そのまま置いておくと、

ジャンジャンウイルスが繁殖して行きます!

湿ったタオルは出来るだけないように、

しっかり選択していきましょう^^

★夏風邪予防の食事★

定番ではありますが、

夏風邪を予防するための食事は、

ビタミンBを摂取することです!

ビタミンBは豚肉やウナギなどに含まれます。

 

20100921-unajyuu

夏に、ウナギや豚肉が良いとされるのは、

このためですね^^

また、バナナや納豆も良いとされています。

夏は、バナナや納豆も腐りやすいので、

ちゃんと冷蔵庫管理してくださいね^^

■ビタミンCも地味に大切。

ビタミンCは3時間程度で体外に輩出されてしまうので、

こまめに摂取することをお勧めします。

あれですね。

CCレモンとかですw

506271_3L1

そうです。CCレモンとかで大量にビタミンCを摂取しても、

3時間くらいしたら、全部体外に出てるんですwww

話にならんですねw

ですが、ビタミンCをきちんと摂取していると、

体の調子はもちろん、精神的にも全然違ってきますので、

取れる限りは取っておくと良いですよ☆

 

次回は、アデノウイルスの症状などについても、

少し書いておこうと思います。

と言うのも、アデノウイルスヤバすぎですwww

症状などを伝える事で、

少しでも予防する気持ちが出てもらえればと思います。^^

それでは、また次回に^^

 

 [ad#ebisu-1]

 [ad#ebisupp-1]

fmake

アドセンス

アドセンス

-生活
-,

Copyright© Japan News Degital , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.