生活

干さない「梅干し」の作り方!誰がやっても 失敗せず簡単で美味しい!

更新日:

umebosi 

夏になると暑くて、ご飯が傷みやすいですよね。

ごはんだけじゃなくて、大体のモノが傷みやすいです。

 

そして、そういった時には、

保存食として使われる、「らっきょう」や「梅干し」

とても効果的です。

(そのほかだと、酢とかが良いです)

 

今日は

・梅の選び方 ※重要

・干さない梅干しの作り方

・干さない梅干しの材料

 

という風にお伝えしていきますね。

 

  [ad#ebisu-1]

梅干しの作り方の前に

梅の選び方

基本的に、今回は熟している梅を使うことを前提としています。

その方が失敗しないですし、

ジューシーで美味しい梅干しが作れます。

※梅干しを作って、失敗するとかなり凹むので失敗しないっていうのはポイントです。

 

熟している梅の選び方は、

緑から黄色になってきている梅が良いです。

緑+黄色の状態が一番おすすめです。

 

ちなみに、

梅酒や梅ジャムを作る場合は、

青梅や完熟梅を使ってもOKです。

 

 

ただ、青梅や完熟梅は味の幅が違いますので、

どちらも作ってみると、

好みがわかると思います。

(私的には、まずは完熟梅で作ってみて、あまり好みでなければ青梅でやるのがお勧め)

 

また、今回は対象ではないですが、

小梅で梅干しを作る場合は、

よくあるお弁当に入っている

カリッとした触感を出すのが人気ですよね。

koume

その場合は、青みがある熟していない梅が狙い目です!

 

   [ad#ebisu-1]

干さない梅干しの作り方

やはり夏となると、梅干しだ!

と思ってくるのですが、

いかんせん、梅を干すのとか面倒だなぁ・・・

と思ってしまいます。

 

 

なので、「干さなくても出来ないものか・・・」

と思って、色々と調べていると、

結構、干さない梅干しの作り方はあります。

 

その中でも、失敗がない方法で、

尚且つ、私がおいしいと思ったやり方を選びました!

では、早速説明していきます。

 

干さない梅干しの材料

1.梅干し・・・1キロ

2.塩・・・150グラム

梅干しと塩の割合は、

1:0.15

好みによっては、

1:0.2でも良いかもです。

梅は、黄色く完熟しているものを選びます。

 

干さない梅干しの作り方!

ume

1.梅を水で洗う

梅をお水で洗います。

1キロ入りの梅は結構汚れているので、

綺麗にしておきましょう。

このまま食べるわけですし^^;

 

2.梅のあく抜きをする

梅はあく抜きが必要です。

ボウルに水を入れて、

その中に梅を入れます。

 

約1日~1.5日ほど、

水の中に入れて、あく抜きをします。

※あく抜きは失敗しないために、確実にやってください。

 

  [ad#ebisu-1]

3.ヘタを取る

あく抜きが完了したら、

ヘタを取りましょう。

ヘタはつまようじや竹串を使うときれいに取れます。

※私は、つま楊枝でとるのが好きです^^

 

4.梅の水分をとる

キッチンペーパーや、油切りなどで、

水気をとっていきます、。

この後に、塩をいれるので、

しっかりと水気は取ってください。

 

5.塩を投入する

ちなみに、今回は家庭でも出来るやり方をご紹介なので、

ジップロック(袋タイプ)を使います。

 

ジップロックに梅と塩を入れて、

しっかりと混ぜます。

その後、空気を抜いて、密封します。

この後は、塩が梅の中に入っていくので、

梅から汁が出てきます。

 

ジップロックに隙間があれば、

汁がこぼれる可能性もあるので、

カレー皿などがあれば、乗せておく方が安心です。

 

6.保存する

1日2回ほぼひっくり返してください。

朝1回

夜一回

でOK!

 

ひっくり返す理由は、

全体をまんべんなく梅干しにするためです。

ちょっと面倒だと思っても、やった方がおいしい梅干しになります。

 

保存場所は、洗い場の下など、

太陽の光が当たらない場所で、

暑くならない場所ならOKです。

 

7.食べる

約3週間~1ヶ月おいておくと、

食べられるようになります。

ご自身で作った梅干しは絶品ですよ。

(しかも、SNSとかにも載せられるしw)

 

   [ad#ebisu-1]

まとめ

・梅の選び方
 失敗しないためには熟している梅がおすすめ。
 慣れてきたら、青梅でもOKです!

・干さない梅干しの材料
 梅干しと塩の割合は、1:0.15

・干さない梅干しの作り方
 1.梅を水で洗う
 2.梅のあく抜きをする
 3.ヘタを取る
 4.梅の水分をとる
 5.塩を投入する
 6.保存する
 7.食べる

 

一度作ってみると、次からは簡単に作れると思いますので、
ぜひ一度チャレンジしてみてください!

 

ということで、ぜひ、夏~秋の暑い時期に向けて、梅干しを作っちゃいましょう!

夏バテ予防にも梅干しは良いですよ^^

※お好みで、出来た梅干しにはちみつを掛けたりすると、はちみつ梅干しが出来ます。

※私の一番のおすすめは、鰹節を入れたカツオ梅干しです!^^

 

その際は、ジップロックから出して、

瓶などに移して保管してくださいね。 

では、素敵な美味しい梅干しが出来る事を祈っております。

Good Luck!!!

   [ad#ebisu-1]

アドセンス

アドセンス

-生活
-, , , ,

Copyright© Japan News Degital , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.