旅行

【必見】黒たまご館の注意点まとめ!アクセス&駐車場は?

更新日:

箱根・大涌谷(おおわくだに)の名物「黒たまご」は非常に有名ですよね。

テレビなどでも扱われることが増えてきましたが、

黒たまごは大涌谷の玉子池で製造されている玉子で、

食べると寿命が7年伸びると言われているものです。

 

詳しく書いておきますね^^

img_4030

※箱根山の火山活動が活発化したため、

大涌谷への立ち入りは禁止されていました。

2016年7月26日より、立ち入りが許可されたため、

黒たまご館が再開されています。

 

スポンサーリンク

アドセンス

・黒たまごって何?

雰囲気で言えば、ゆで卵です^^

 

黒たまごは、火山ガスと地熱を利用して作られています。

この独特な環境で温泉池で、たまごをゆでると、

殻に鉄分が付着し、これに硫化水素が反応し、

硫化鉄となることで、黒い殻となります。

 

実際に、黒たまご館の場所は非常に硫黄の臭いが強いです!

火山ガスが発生している様子を、

目でも肌でも感じることが出来ます。

img_4033

元々、延命・子育ての「延命地蔵尊」というお地蔵さんがあるのですが、

そのお地蔵の近くに、黒たまごの温泉池があったと言われています。

 

寿命が、7年伸びるというのは、

縁起の良い数字として、使われ始めたと言われています。

家族などで、行ってみると良いですね。

「長生きしてほしい」という思いも伝えれば、

喜んでもらえるのではないでしょうか?

 

ただし、黒たまご館の場所は、

火山ガスがとても発生しており、

体調が悪い方、ぜんそくなどの病気がある方は、

入場する際に、注意書きがあります。

 

「生命の危険がある可能性がある」

とまで書かれていますので、

おばあちゃんやおじいちゃんを連れていくのではなく、

元気なうちに夫婦や、カップルで行っておきたいスポットです。

 

地味に、穴場かもしれませんね。^^

ちなみに、黒たまごは、

普通のゆでたまごより、おいしいと言われていますが、

黒たまごは、普通のお湯で作ったゆで卵と比べて、

20%うまみ成分が高いそうです。

スポンサーリンク

アドセンス

・黒たまごの販売は?

img_4031

黒たまごの販売は、「黒たまご館4」というところでやっています。

黒たまご館は複数あり、

他の館では、販売しておりませんので、注意してください!

 

時間にもよりますが、

黒たまごを買おうと、行列が出来ることが多いので、

販売箇所はすぐに見つかると思います。^^

img_4022

ただ、見つからない時は、

「黒たまご館4ってどこですか?」

と店員さんに聞いてみてください!

 

料金は、5個入り500円です!

img_4064

これは黒たまごが入っている袋です!

 

img_4062

これは、黒たまを2個以上買った時に入れてもらえる袋でし。

 

単品販売(バラ売り)はしておらず、

5個入り500円でのみ販売しています。

 

また、5個の黒たまごは袋に入っており、

その中には、延命長寿と書いたの塩が入っていますので、

塩を使って食べることが出来ます。

購入した黒たまごは、

黒たまご館4の中で食べることが出来ます。

img_4038

黒たまご館4の中には、黒たまごを食べるスペースがあります。

テーブルと、たまごの殻を捨てるボウルがあるので、

そこで殻をとり、食べることが出来ます。

 

数人で来ている場合は、

シェアして、その場で食べてしまうのが良いと思います。

 

また、注意点ですが、

黒たまごの賞味期限は、

購入日の翌日までしか持ちません!

 

非常に期限が短いので、

出来れば、現地でも食べておきたいところです!

※数を減らすという意味でも。

 

賞味期限が短いので、

お土産には向いていないです。

もちろん、その日のうちに渡すのであれば、

お土産として買うのは、おすすめです!

スポンサーリンク

アドセンス

・黒たまご館の営業時間は?

黒たまごを販売している「黒たまご館4」の営業時間は、

10:00~17:00とされていますが、

季節によって、営業時間が変わってきます。

※9月の営業時間は、16時までとなっています。

 

黒たまごは、11時、13時、15時頃に、

大涌谷から搬入されるそうです。

なので、大体何時に行っても黒たまごは食べれると思いますが、

あまり遅すぎると売り切れの可能性もあります。

出来れば、15時くらいまでには行っておきたいトコロです。

 

・黒たまご館のアクセスと駐車場は?

<車で行く場合>

ナビには

足柄下郡箱根町 仙石原1251

と入力すると、違う場所を指すことがありますので、

「大涌谷観光センター」か、

「箱根ロープウェイ大涌谷駅」を目的地にしてください!

 

これで、無事たどり着けます。

(電話番号での検索は、0460-84-9605です。

もし、ナビが古い場合は0460-4-9605と入力してください。

※局番変更以前情報です)

 

駐車場も有料ですが、大きいものがありますので、

車でも問題なく行けます。

※駐車料金、普通車 520円(大型車 1,500円)

 

出来れば、おつりが出ないようにお願いされていますので、

520円を用意しておいてください。

車での黒たまご館へ行く場合の注意点ですが、

大涌谷の黒たまご館まで、残り1キロあたりから、

渋滞していることも多々あります。

この1キロが非常に長く、

30分かかる事もありますので、

時間には余裕を見るようにしてください。

※駐車場への入場で渋滞が出来るみたいです。。。

 

<電車で行く場合>

箱根湯本から行くのが、
一番わかりやすいと思います。

箱根湯本:箱根登山鉄道各停 強羅行

40分(運賃:400円)

強羅:箱根登山鉄道ケーブル 早雲山行

10分(運賃:420円)

早雲山:箱根ロープウェイ

8分(運賃:840円)

大涌谷

大涌谷には、車で行った方が行きやすいと思います。

ただ、山道ですので、道がくねくねしており、

非常に運転しにくいですので、

運転には十分気を付けてくださいね。^^

fmake

アドセンス

アドセンス

-旅行
-, ,

Copyright© Japan News Degital , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.