ネット

WordPress(WP)無料テンプレートの「simplicity」表示速度は遅い?

更新日:

WordPress(WP)無料テンプレートの

「simplicity」を気に入って使っているのですが、

使って早一か月くらいが経ちますが、

Webページの表示スピードが若干遅いように感じます。

 

平均的に1.4秒くらいページが開くまでにかかってしまっています。

他の方のWPのサイトでも、

「simplicity」を使っているものは、

大体ページの表示が遅いように感じました。

 

スポンサーリンク

アドセンス

実際に1.4秒が遅いかどうかは人によって変わると思いますが、

私が遅いと感じたので、

他にも遅いと感じる方は多々いるのではないかと思います。

 

 

ちなみに、この遅さなんですが、

多少は改善できたので、

その方法を少し忘れないためにも書いておきます^^

 

画像の最適化

これがかなり効果があったので、

一番初めに紹介しますね。^^

WordPressでの運営サイトの場合、

やはりサムネイル表示することが多く、

トップ画面やそれ以外のページでも多数の画像が

表示されています。

 

 

画像の表示がWebページの表示を遅くする原因になるので、

ココを改善します。

今回、ためしに使ってみたのが、

「pngGauntlet」

というものです。

画像ファイルには、画像を表示するため以外の

情報も含んでおり、その部分は表示する上では不要な情報です。

 

そのような不要な情報を削除してしまうことで、

ファイルの容量を小さくすることが出来ます。

 

使い方は簡単で、

起動した後は、

赤枠の部分に画像ファイルをドロップするだけでOKです!

dfdfe

しかも複数出来るので、かなり便利!

そのあとは、Optimazeをクリックすれば変換が行われます。

assa

右上の「overwrite original files」

にチェックを入れておけば、

既存のファイルに上書きが行われます。

 

これだけで、最適なファイルに変換できるので、

出来るだけ活用した方が、

Webページ的には良いですね^^

 

ページに表示されている画像の個数や、

ファイル容量が大きいほど、

効果が分かりやすいです!^^

 

次に、画像の表示を遅らせることで、

先にテキストを表示させて、

「体感速度を早くさせる。」

という方法があります。

個人的に、これは結構気に入ってるので、

こちらもお試しあれです。

 

スポンサーリンク

アドセンス

体感速度を早くさせる

こちらはプラグインを利用します。

Lazy Load

というプラグインです。

 

やる事は全くなくて、

Lazy Loadのプラグインを追加して、

有効化するだけでOKです。

 

そうすると、画像が遅れてロードされるようになります。

かなり体感スピードは変わるので、

試してみてください^^

 

 

他にも、

Webページの表示を早くする方法は色々とありますので、

ちょっとずつ更新して行きたいと思います。

 

GoogleもWebページの表示速度は

SEOの評価の項目に入れている

明言しています。
(アメリカの話です。日本はどうなんだろ?)

 

 

なので、

「やっておいて損はないかな」

と思います^^

ではでは、本日は以上です^^

関連記事

WordPress(WP)無料テンプレートの「simplicity」がSEOも最高レベル!?ガチオススメ!

アドセンス

アドセンス

-ネット

Copyright© Japan News Degital , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.