生活

【医療保険】積立タイプと掛け捨てタイプ どちらが良い?

更新日:

医療保険を選ぶ時、積立タイプ掛け捨てタイプか?

実際、どちらが良いのか

悩む事があります。

どちらにもメリットがありますので、見てみましょう。

 

【医療保険】積立タイプのメリット

・保険に加入していながら貯蓄も出来る。

大体以下の2パターンです。
 1.任期の終期にある程度のお金が返ってくる!

 2.加入していると5年毎にボーナスが入る!

将来のために、貯蓄するという考えがあれば、
かなり良いですよね。

 

返ってくる分、保険料は掛け捨てタイプに比べると高くなります。

005 

スポンサーリンク

アドセンス

【医療保険】掛け捨てタイプのメリット

・保険料が安い

保険内容にもよりますが、月々2000円~5000円くらいで、

それなりの保障を付ける事が出来ます。
(独身を想定して話しています)

 

【筆者の結論】

実際に、積立タイプの保険や掛け捨てタイプの保険の説明を聞いたり、

支払い想定などをみた上での個人的な感想です。

 

これが正しいと言う訳ではありません。

私個人としては、医療保険で入るなら「掛け捨てタイプ」が良いと思います。

 

というのも、やはり積立タイプの場合は、

積立用に余分にお金を払っているので、

割高になってしまいます。

 

積立をしたいなら、

給料から自動でひかれる「スイング型の積立定期預金」

を活用した方が良さそうだと感じました。

 

「定期預金であっても解約して、

 お金を使ってしまうから、

 どうしても使えないようにしたい!」

という場合は、

積立タイプの医療保険でも良いと思いますが、

そうでなければ、

掛け捨てタイプの医療保険+積立預金が良さそうです。^^

 

 

そもそも医療保険って必要?

という話もありますが、

今回は必要だと仮定した上でのお話です。

image10
医療保険が必要かどうかは、

また お話しようと思います。
(こちらも、私の個人的な意見ですがw)

 

本日は以上になります。

ご精読ありがとうございました!

アドセンス

アドセンス

-生活

Copyright© Japan News Degital , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.