【夜桜ライトアップ2015】東京編②~千鳥ヶ淵の水面に映る桜

更新日:

こんにちは!四季の中でも「春」が大好きなとおるです。

昨日の六義園に続いて、本日は第2弾千鳥ヶ淵緑道を紹介します。

 

予想通り昨日、東京の桜開花が発表されました。

開花の基準となる靖国神社の標本木に5輪を超える桜の花が

確認されたわけです。

 

靖国神社は、今日ご紹介する千鳥ヶ淵緑道とは目と鼻の先ですから、

ほぼ開花の状況は同じくらいではないでしょうか?

 

060401_chidorigafuchi_india_route_map

 

本来ならば、ここから一気に開花が進んで週末には満開と

なるのですが、昨日から寒の戻りがあって足踏みしそうです。

テレビ朝日のグッドモーニングでは、気象予報士の依田さんが

満開を3月31日と予想していました。1週間後ですね。

 

スポンサーリンク

アドセンス

 

さて、千鳥ヶ淵緑道の桜の特徴は、当然ですが水面に映る風情を

楽しむことができることです。昼間ももちろんキレイなのですが、

夜になってLEDでライトアップされると美しさも倍増です。

 

【昼間】

chidorigafuchiryokudou

 

【夜間】

1024-768

 

ここで気づいた方も多いと思いますが、そう、ボートです!

千鳥ヶ淵の桜はボートからも見ることができます。

3月27日(金)~4月5日(日)の10日間は、千代田のさくらまつり

ということで「千鳥ヶ淵ボート場」の夜間特別営業が行われます。

営業時間:9:30~20:00 (乗船券の販売は19:30まで)
乗船料:30分800円 (観桜期)
お問合せ先:03-3234-1948 (千鳥ヶ淵ボート場)

 

水上からライトアップされた桜を見るロマンチックなデート代

として、800円なら安いものではないでしょうか?

 

ボートを降りたら、さらに半蔵門方面に向かって足を伸ばすと

千鳥ヶ淵公園があります。散策するにはもってこいです。

chidorigafuchi_01_s

 

ただ、公園内は露店が禁止されていて、騒音もNGのようなので、

宴会には不向きです。飲食をしたい場合は、九段下に向かって

靖国神社がいいですね。もちろん、靖国神社も夜桜スポットです。

DSC_0036_20120409013748

 

アクセスは、東京メトロ半蔵門線の九段下駅、半蔵門駅から

どちらも徒歩5分ほどなので、とても便利です。

デートプランを綿密に練って、カノジョをうっとりさせて

しまいましょう!

 

●他の夜桜記事●

第1回 ⇒ 【夜桜ライトアップ2015】東京編①~六義園の幻想的な枝垂れ桜

第3回 ⇒ 【夜桜ライトアップ2015】東京編③~目黒川:40万球のLEDと桜の競演

 

それではまた明日~

アドセンス

アドセンス

-

Copyright© Japan News Degital , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.