イベント

運動会のお弁当を前日から作り置き出来、失敗しない5個の王道おかず

更新日:

unndoukai

「運動会の当日に、早起きしてお弁当を作る・・・」
こどもの晴れ舞台ですし、運動会のお弁当は、
他のおうちのご家族も、見る機会がありますので、
あまりにも質素だったり、品数が少ないと、少し人目が気になります。

 

学校によっては、
教室で食べるだけもありますが、
校庭の保護者席で、家族そろって食べる場合もありますよね。

 

家族全員分のお弁当を、
運動会当日に作るのは、
それだけでクタクタになります。

しかも、陰にいても蒸し暑いので、
体力は出来る限り残しておきたい所です。

ということで、
前日に作り置き出来る王道おかずをご紹介します。

スポンサーリンク

アドセンス

前日に作り置き出来る王道おかず

1.冷えてもおいしい子供が大好きなハンバーグ

hanba-g  

ハンバーグやミートボールは、
冷えてもおいしいので、前日に作り置きしても問題ありません。

また、当日も冷蔵庫から出して、
そのまま入れても大丈夫なので、
運動会当日のお弁当作りの時短も図れます。

 

脂が多いと、白い脂の固形がお弁当についてしまうので、
脂はキッチンペーパーなどで、
ギュッと吸っておきましょう。

また、ピーマンが好きな子供さんでしたら、
ピーマンの肉ずめなどもおいしいです。
こちらも、運動会前日に作り置きできます。

2.前日だからこそ味が染みる切り干し大根

kiri

切り干し大根は、むしろ前日に作っておいて欲しいおかずです。
運動会当日に作るよりも、
味がしみて、おいしくなります。

 

お子さんは普通程度かもしれませんが、
ビールを飲んでいるお父さんには、
切り干し大根は非常におつまみとしてお勧めです。

 

切り干し大根も、運動会当日は、
そのまま詰めるだけでOKです。

スポンサーリンク

アドセンス

3.鳥のからあげ

kara

お子さんはみんな大好きな「からあげ」。
からあげは前日から作り置きして問題ありません。

お弁当箱がギトギトにならないように、
キッチンペーパーで油をしっかりと取るようにしてください。

 

最近は油を使わない、
フライヤーとかもあるので、
そういったものを使うと、より油が少ないので、
べとべとになりにくいです。

4.お弁当の定番「卵焼き」

tamago

大体、お弁当に一つは入っている卵焼き。
卵焼きは前日に作り置きして大丈夫です。

 

運動会当日に、急いで卵焼きを作ると、
ぐちゃぐちゃになりそうですが、
前日にゆっくり作れば、
いい感じに上手に作れそうですね。

5.既製品でもOKな煮物

nimo

運動会前日に、煮物を作っておけば、
味が染みて美味しくなります。

 

さらに、煮物は既に出来上がっているものが、
スーパーで売っていますので、
一度、前日に日にかけておけば、
夜のうちに美味しくなります。

 

食中毒予防は梅干し

ご飯には食中毒予防で、梅干しを乗せておきましょう。
折角の運動会で、食中毒になってしまっては、
楽しい思い出が作れません。

食べなくても良いので、
出来れば梅干しは入れておいてください。

 

毎年、運動会のお弁当で食中毒になっている方が、
全国に100名以上います。

「自分はならないだろう」
という風に思わず、
子供の楽しい思い出のために、
お母さん、お父さんも元気に楽しめるよう食中毒予防はしてください。

 

素敵な運動会になることを祈っています。

スポンサーリンク

アドセンス

トマトのヘタは取っておく

お弁当はその場ですぐ食べるものではないので、

梅干しなどで食中毒対策はした方が安全です。

その上で、トマトのヘタを付けたままと、ヘタを取った状態では、

約10倍菌の繁殖スピードが変わってくるそうです。

トマトのヘタがついている方が、食べやすいしオシャレかも知れませんが、

衛生的にはヘタは取っておくことをお勧めします。

 

 

 

お弁当をおしゃれにするなら、ワックスペーパーを使うのがお勧めです!

> 運動会のお弁当はワックスペーパーでおしゃれな詰め方に <

アドセンス

アドセンス

-イベント,
-, , ,

Copyright© Japan News Degital , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.