ネット

【アド広告】Fluctの審査基準は御存知?【単価】

更新日:

ブログというものを初めてちょうど1年が経過したので、

たまには「ブログを書く側の方」向けに記事を書いてみようと思います。

コードも書けない初心者の私が初心者の方のために、

アド広告「Fluct」の審査基準は御存知?アドセンスが制限されたら・・・

SnapCrab_NoName_2015-4-21_19-7-50_No-00

[ad#kanno-1]

 

Google Adsenseの落とし穴

無料ブログを始めるときに、メンターの方から、

「Google Adsenseを取得しなさい」と言われた方がほとんどだと思います。

SnapCrab_NoName_2015-4-21_19-8-30_No-00

 

私もそう言われたうちの一人であり、

現在に至るまでずっとAdsenseを利用させて頂いています。

単価も高く広告の表示率も100%、さらに"あの"Google様が出しているということで、

信頼性が最も高いクリック広告の配信元だと思います。

 

ですが最も信頼性の高いAdsenseだからこそ、

最も規約が多く、罰則規定がしっかりしているために、

一度規約違反とみなされてしまうと停止処分、

悪質とみなされた場合にはアカウント削除処分がなされる場合もあります。

 

私は規約違反をしたわけではありませんが、

初期設定の時点で住所など個人情報をGoogleに送るのを忘れていて、

ある日突然広告の配信がストップしてしまったことがあり、

その時は絶望にくれましたよ・・・。

SnapCrab_NoName_2015-4-21_19-9-7_No-00

 

 

ちょうどその頃ブログの記事数も100件を超え、

アクセスも安定してした頃だったので、

「ここで0に逆戻りか・・・」なんて思っていたところ、

メンターの方に「アド広告やればいいじゃない」と言われました。

 

アド広告、ってなんすか??

SnapCrab_NoName_2015-4-21_19-10-12_No-00

[ad#kanno-1]

 

そう思いながらも教えていただいたURLに飛ぶと、

そこにあったのはAdsenseではなくKauli(カウリ)というクリック広告でした。

 

そしてAdSense同様にブログにタグを設定してみると、

なんと広告が表示されたではありませんか!!!

 

そうです、

クリック広告はAdSenseだけではなく、

他にも各ネット広告会社は多く存在するのです。

 

確かにGoogle adsenseは最もクリック率も高く、

なおかつ報酬率も最も高い、

つまりユーザごとに適切な広告を表示してくれているのだと思います。

 

ですが一度制限されてしまうと全てが台無しになってしまいます。

そんなリスクを避けるために、

他のクリック広告に登録しておいてもいいじゃないかと、

そう思うんですよね。

SnapCrab_NoName_2015-4-21_19-8-49_No-00

 

 

※ちなみに「アド広告」ですが、要はGoogle以外のクリック広告と、

私はそのように理解しています。

色々種類がありますが、要はネットに表示する広告のことですね。

 

それらアド広告会社にも色々ありまして、

その中でも私が審査に通っていない会社「Fluct」についてご紹介します。

 

Fluct(フラクト)の審査が厳しすぎるってうーわーさー!

私のサイトは現在1日あたり3000アクセスがあり、

月に換算すると80000から90000ほどのアクセスがあるブログになりました。

(まだまだこれからですが、思えば遠くに来たものです・・・)

SnapCrab_NoName_2015-4-21_18-38-34_No-00 SnapCrab_NoName_2015-4-21_18-38-21_No-00

 

 

ぶっちゃけアクセスは少なくはないと思うのですが、

事実他のアド広告の審査には落ちたことがない当サイト(サラマンダーではありません)、

nend、adstir、AID、i-mobile、MAIST、ZUCKSなどこれもまだまだ一部ですが、

なおかつほとんどだれでも通るのかもしれませんが、

とにかく審査に落ちることがなかったのです。

 

ですが唯一落ちてしまったアド広告こそが、

今回ご紹介するアド広告「Fluct」なのです。

SnapCrab_NoName_2015-4-21_19-8-6_No-00

私は多くのアド広告会社の広告を使っているうちに、

ほしいタイプの広告をなんとなく理解するようになり、

そしてここFluctの配信している広告を利用したいと思うようになりました。

 

そして申請フォームにて個人情報を打ち込み、

ドヤ顔で(PV数・アクセス数)に80000と打ち込み、

そして申請ボタンをクリック!!

 

そこから1週間ほどですかね、

Fluctからのメールを受信し、ワクワクしながら開けてみると、、、

SnapCrab_NoName_2015-4-21_18-47-9_No-00

 

 

まさかの(今思えばおこがましい)落選をしてしまい、

現在までその理由はわかっていません。

そこでFluctの審査について調べてみると、

やはり他のアド広告よりも審査が厳しい傾向にあるようです。

 

そしてその声の一部を抜粋いたしますと、

 

・月間10万PVなので意気揚々と申し込んだら落ちた

私と同じような境遇の方ですが、

現在私のブログも月間90000弱なので、

10万アクセスでは足りないのかもしれないなと思いました。

 

・審査通過の秘訣は広告スペースの余地じゃね?!

こちらのブログによると、この方も月間70000PVで審査に落ちており、

PV数が問題なのかとおもいきや、

 

記事の更新頻度が1日1回以下では通らないのかも

サイトにFluctの広告が入り込む余地がない

 

といったことを審査の基準なのではとおっしゃっています。

たしかにトップページのヘッダー上や、

サイドバーの上部などクリック率の高いところにはすでにAdSense広告があり、

Fluct側からしたら「審査を通しても配信されないのではないか」と、

そう思っても不思議ではないのですよね。

 

なるほど、クリック率の高いところの広告を外してから審査か、、、

困ったブログ様の記事を参考にさせていただきました。

 

・【朗報】アクセス月間200でもFluct審査受かったったwww

[ad#kanno-1]

 

こちらの方はFluctに申込む直近一ヶ月でのアクセスが、

ちょうど200だったことを証拠写真付きであげて頂いています。

ぱんぶろ様の記事を参考にさせて頂いています。

 

これを考慮すると、

PV数はそれほど重要ではなく、

記事の更新頻度や広告枠の空きが関係しているのかもしれません。

いずれのブロガーさんもおっしゃっているように、

通るかどうかは正直わからないけど、

とりあえず申請してみたら!!ってことです。

 

長々と書いてきましたが、

昨日2回目の申請をしたばかりなのでハラハラしながら待ってみます。

Fluctの審査基準は御存知?今回はここまでです。ありがとうございましたー!

アドセンス

アドセンス

-ネット
-, , ,

Copyright© Japan News Degital , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.