生活

嫁と一緒にいたくないと思った時に考えてほしい事

更新日:

こんにちは。
久々の投稿になります。

今回は、「嫁と一緒にいたくないと思った時に考えてほしい事」
ということで、中々壮大なテーマになっていますw

夫婦生活をする場合は、
どちらかに非があることもあれば、
両方に非があることもあります。

私は、基本的に両方に非があると思っています。
その中で、相手について批判をする前に、
自分を一度見直してみてから、考えてみてはどうかなと思っています。

この時点で、「私は変わらない!」
と言うような方は、頑固ジジイで、
中々入院や施設に入らないウザい奴と同じ感じです。

「自分は変わらないぞ!」
と言うのは正直非を認めたくないからだと思います。
=非があることを潜在的に認めているのではないでしょうか。

全てを変えると言うのは、
年を重ねるごとに難しくなってきます。

ですが、一部でも変えて、
嫁・奥さんと仲良く出来る要素を一つでも増やしていくことが、
あなたに出来ることではないでしょうか。

もちろん、この記事を書いている私も、
全てを柔軟に受け入れることは出来ない事もあります。
それは人間ですし、今までの環境や経験もあるでしょう。
その中で出来る所を、見直すきっかけになれば幸いです。

1.嫁をほめているか?

2.話し合いは出来ているか?

3.甘えていることを認識しているか?

4.対等に見れているか?

5.認めているか?

この辺りをしっかりと考えていきましょう^^

では、それぞれ行ってみましょう。

スポンサーリンク

アドセンス

1.嫁をほめているか?

私的に一番大事だと思うのはこれ。
これは夫婦関係だけでなく、
仕事関係も同様で、ほめるべきところは褒めるべきです。
また、指摘することがある場合でも、
褒められるトコロは褒めた方が受け入れられるものです。

「ココは○○だから直した方が良いと思う。
 でも、こうやって☆☆した所は良い点だと思うよ。」

と言うような感じです。
子供や部下に対しても、同様の言い方をするのがBESTだと思います。

悪い所に目が行きやすい場合もあるでしょうが、
良い所、普通の所も良い事ではないでしょうか。

うちの嫁は特出した学力や頭脳はないけど、
こうやって毎日ニュースを見て同じように会話が出来る事は、
普段気づかないことかも知れないけど、良い事だな。

とかですね。
実際に、会社で新人社員や若手の部下と話す場合、
会話や知識量の差などもあり、
面倒だと感じるケースもあると思います。

出来れば、毎日しっかりと嫁さんの事は褒めてあげたい所ですね。
楽しく過ごすためには、
○○してるのすごいじゃん!
○○なの素敵じゃん!
可愛いね。
綺麗だね。
似合ってるね。
ありがとう。
頑張ってるね!
オシャレだね。

とかいう事をば沢山かけてあげましょう。

髪や、ネイル、ダイエットなども頑張っていたら、
しっかりとほめてあげましょう。

しっかりと歩み寄ってみると、
最近見ていなかった屈託ない笑顔が見えるかも知れませんよ^^

 

2.話し合いは出来ているか?

続いて、話し合いは出来ているか。
これも重要なポイントとなってきます。

話し合いが出来ない関係性の場合は、
改善がされないため、
同じことを繰り返し起こすことになります。

以前、言い合いになったような事を、
何度も繰り返し、そのうち嫌になってくるパターンです。

特に男性は、時間が立てば怒りも収まることが多いです。
これは男性は仕事をしていたりと様々な情報を頭に入ってきて、
怒りの感情が薄れてくるからです。

しかし、女性側は意外と根に持つことも多く、
根本的な解決が出来ないことをもどかしく感じます。

男女の違いはありますが、
しっかりと話し合いをして、
再発防止策を考えるのが良いと思います。

例えば、会社でも何か問題があった場合は、
議論をして再発しないように対策を打ちますよね?

夫婦関係においても、
そのような取り組みをした方が、
長期的に素敵な関係を構築できると思います。

スポンサーリンク

アドセンス

3.甘えていることを認識しているか?

続いて、こちら!
「甘えている事を認識しているか」

これを聞くと、「特に甘えてないぜ!」
という風に思う方もいるでしょう。

私も日常的にそう思っています。
ですが、私がある年配の方から聞いたのが、
「やっぱり、ずっといるから甘えちゃうんですよね~」
という意見でした。

「え?」と思ったのですが、
ちょっとイラッとして、子供のような事を言ったり、
言い合いになったりするのは、
社会人として会社の同僚や上司に対しては、
起こりにくいことだと思います。

それを嫁さん・奥さんにはするということは、
心のどこかで甘えがあるので、
感情をスッと出してしまっているのではないでしょうか。

普段なら我慢する事なんだけど、言ってしまう。
これは夫婦という関係への甘えなのかも知れません。

ぜひ、少し考えてみてもらえればと思います。

4.対等に見れているか?

続いてこちら。
「対等に見れているか?」

お金を稼いでくるから偉い。
誰の金で生活しているんだ。

こんなことを思う方もいるでしょう。

これは嫁さん・奥さんを対等に見ていないと感じます。

嫁さんは子育てや家事などをして、
旦那さんをサポートしてくれているでしょう。

週5日朝から晩まで働き、
上司や部下とのやり取りにつかれて、
週末はゆっくり休みたい。

それも分かります。

週7日朝から晩まで子育てをし、
旦那のサポートや家事をして疲れて、
たまにはゆっくり休みたい。

これが嫁さんです。

さらには、嫁さんも働いている場合もありますよね。
その場合はなんて、旦那に文句言われても、
ふざけんなと思うのではないでしょうか。

時短で働かなくても良いくらいの給料貰えやとw
そう思われても仕方ありません。

働いている方が偉いとかは無く、
お互いで支え合っていくべきですので対等にみましょう。

スポンサーリンク

アドセンス

5.認めているか?

さて、4に近い所がありますが、
「認めているのか。」
こちらも重要です。

やはり家事や育児は評価されませんが、
非常に大変なところが多々あります。

それは経験してみないと分からない事もあります。
その上で、ずっと目を離せないような状態でのストレスや、
疲れなどもあるでしょう。

仕事に比べて、家事や育児の方が楽だと思っていませんか?

比較出来るモノではありません。
ですので、比較するのではなく、
役割を別けているので、やったことを認めましょう。

どんな作業でも大変です。
家事もそうですが、育児に関しては生き物を扱っています。

犬や猫とも少し違いますよね。
目を離すと何かしてしまう可能性もあり、
身体的な辛さだけでなく、
精神的なつらさもあります。

やってくれている事に対して、
最大限認めることが大事です。

これは夫婦お互いが認め会う事が出来れば一番良い事ですね^^

本日は以上です。

少し長くなりましたが、
何か考える切っ掛けになれば幸いです。

ではまた~^^v

アドセンス

アドセンス

-生活
-,

Copyright© Japan News Degital , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.